読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ラ・ラ・ランド』(La La Land)

はい。観てきました。
本当は公開初日に行くつもりはなかったんですけど、バイト先のシネフィル先輩がFacebookに「日本最速上映観てきました!ほんとサイコーだった!」みたいなの投稿してるのをみたら、勝手に指がチケット予約のページにいってましてね。しかもちょっと高いIMAXのね。いやー困った困った。

で、感想はというと。
ふーん、って感じ。そりゃ賞とっちゃうよね、って。だって、ハリウッド描いてるんだもん。
良かった、良かったんだけど、手放しには絶賛できない感じ、、、。なんでだろう、でもこれは完全に僕の感じ方の問題で、映画自体は本当に良く出来てると思う。監督まだアラサーでしょ?すごいよマジで。
なんか観た後、自分まだ全然人生経験足りないなーって思いました。

観ててすごい目立ったのは、カメラワーク。長回しがすっごい多かった。あんまりカットが入らないってことね。カメラも独特の動きでぐるんぐるん回すもんだから、こっちは目が回るっつーの。それでいて、スローモーションなんかもちゃっかり有効に使っちゃってて、文句のつけようがない。これにはあのヒッチコックもびっくりすると思う。
最初の高速道路のシーンとか、圧巻だった。あれ多分ワンカットで撮ってるよね?どっかの記事で読んだけど、高速道路を貸し切りで使える時間がそんなにないから事前に練習しまくって、本番はほぼNGナシでできたとか。

あとは、いかにも昔の名作ミュージカルのオマージュなんだろうなぁっていうシーンの数々。実際結構あるらしい。僕はそんなに昔のミュージカル映画を知らないから、どこがオマージュだったのかよくわからなかったけど、わかる人はより楽しめるんだろうなー。

さて、僕は男なのでどうしてもエマ・ストーンに注目してしまったわけなのですが。もうメロメロですよ。あれ?アンタこんな可愛かったっけ?って。そりゃエマ・ワトソンほどじゃないけど、前までエマ石とか呼んでてゴメン!つって。
表情がいい。こんなに表情作れる女優さんも珍しい。そりゃニッコリ笑ってるだけとかだったらもっと綺麗な人はたくさんいるけど、変顔とか、感情を爆発させた表情とかをやらせたら右に出る者はいないというか。
あと声も。相変わらずドスの効いたひっくい声でうーんって感じだったけど、歌う時は普通に高い綺麗な声出るじゃん!すごいじゃんエマ!!!やったね!!

f:id:oops_phew:20170326123010j:image(アタシ、こんな顔もできちゃうの〜)

そのまま歌の話をすると、綺麗な曲ばかりでした。さすが話題をかっさらってるだけある。3つくらいあるテーマ曲が映画の中で編曲されて何回も流れてくるのもGood。僕が一番好きだったのはセバスチャンがピアノで弾いてた曲。あれ、ライアンが吹き替えなしで弾いてるらしいですね。素晴らしい。

それから、予告編でこれでもかってくらい出てくるあのキスシーン。ちょっと面白い使われ方してるので注目してみてください。そこかいっ!っていう。一回前につんのめるとこ出てくっから。あとそれにも関係してくるんだけど、予告編って作るの難しそうだよね。この作品観て、ちょっと思った。どう作るのが正解なんでしょうって。

印象に残ったセリフは、「ちょっとー、それ私が貸してたやつなんですけどー、早く返しなさいよー!」って感じのことを皮肉っぽく言えてた

”Oh, this looks familiar.”

ですかね。

以上。観た後はそんなでもなかったけど、よく考えたら単純には語れない意外と重厚なお話で、1日経つとジワジワくる…