『スプリット』(Split)

もう2,3週間前になるんだけど、あんまり万人ウケしなさそうな映画『スプリット』を観てきた。多重人格者で、一人の人間の中に23もの人格がいるっていう人が主人公の話。
僕にとってはテスト期間。授業の時間の関係上、ぽっかりと空いた平日の昼。客層はどんなもんじゃいって思ってたら、まさかの男子高生が大量発生。そうか、お前らも中間試験期間か。

知ってる人は知ってると思うんだけど、僕はこういう「やべぇ」奴が出てくる話が大好物で。『ダーク・ナイト』とか『サイコ』、『羊たちの沈黙』系のやつ。なんでだろうって自分で考えてみると、そういう「やべぇ」人って僕たちが想像もできないような壮絶な体験をしているから、その「凄まじいバックグラウンドを持っているのにもかかわらず現在は強気で、ピンピンとしている」ギャップっつーの?に心が引きつけられるのかなあって思った。一種の同情に近いのかもしれない。映画の中では「悪者」として描かれているんだけど、この人たちは幼い頃にだいたいは親や家族絡みでひどい経験をして、それが彼らの人格に大きく影響している。もちろんそれが全てじゃないけど、僕だってその環境で生まれ育ったら同じような人格になったかもしれない。

この映画の主人公が患っている多重人格は、精神医学の用語だと解離性同一性障害(DID)っていうらしい。現実世界の例で有名なのはビリー・ミリガン。この人は1977年に連続強姦と強盗の容疑で逮捕されて、後に23の人格を持っていることがわかった人。彼も幼い頃、実の父親が自殺した上に義父に縄で縛られて吊るされるなどの身体的虐待や性的虐待を受けて、その影響で複数の人格が生まれたらしい。解離性障害っていうのは色々種類があってまだわかってないこともたくさんあるみたいだから、詳しいことは調べてもよくわからんし下手なこと言えんです。

映画の中で、主人公の治療にあたっているセラピストが「解離性同一性障害の人の脳は、一般人ができないことをしているわけだから能力を解放しているという見方もできるのではないか」って言っていて、たしかにそういう考え方もできるかって思った。でも能力を無理やり解放させられているわけだから、そのあとに言っていた人間の可能性がうんたらって話にはすんなりつなげられそうにはないけどな。
あと、二重人格の人は自分が裏の人格の時になにやったか覚えてないっていうから、多重人格者もそうなのかと思ってたら、そうじゃないみたい。人格同士が脳内でコミュニケーションとれてるような描写が何回もあった。

僕はこの特殊な人物像の描かれ方、そしてジェームズ・マカヴォイがこの役をどう演じるのかがみたかったんだけど、この男子高生たちは多分そうじゃなくて、ホラー的な何かの要素を求めて来たんだろうね。これ、結局そんな怖くなかったけどね。『ドント・ブリーズ』に比べれば全然。

でもこの映画、一応ホラーの要素も持っていて。女子高生3人が誘拐されてワーキャーする感じとか。
ちょっと変わってて面白いと思ったのは3人のうちの1人が謎の落ち着きをみせるっていうこと。しかも悲しそうな瞳をしていて、不思議な魅力がある。ルックスも、目が離れていて正統派じゃないけど美人。演技にもわりと幅があり、上手くてびっくり。これはインタビュー動画みちゃうかも。
こういう冷静な子が出てくると観ている側も楽しめる。パニック状態の子だけだとイライラしてきちゃう人もいるからね。

f:id:oops_phew:20170620184159j:image(出てきたばっかの新人らしい。)

お次はマカヴォイについて。23人格あるとかいいながら実際に映画の中で表に出てくるのは4,5人格しかないんだけど、人格が切り替わる時の細かい演技とかが、めちゃくちゃとは言わないまでも、まぁうまい。自分がやろうとしたら気が狂っちゃうなこれ。苦労話があるだろうから、これもインタビュー動画探してみる。

f:id:oops_phew:20170620184356j:image(9歳の人格。可愛いというより、9歳でどんな辛いことがあって人格が分離しちゃったの?って思っちゃう。)

シックス・センス』みたいにガツンとどんでん返ししてくれるのかと思ってたけど、シャマラン監督にしてはオチのパンチが弱い気がした。ネタバレになっちゃうから詳しくはいえないけど、あんま現実的じゃないし。脳が能力を解放したらそんなことまでできるようになるの!?って感じ。DIDの患者の実際の症例で、盲目の人なのにある人格は目が見える、みたいなのはまあわかるにしても、さすがにそこまではいかんでしょってツッコんじゃったよ。はっきりいってオチは全然面白くないです。
あ、でもアメリカでは親が子を叱る時はフルネームで呼ぶのがカギになってくるっていうのは日本人の僕にとっては新鮮でした。
実はもう一つオチがあるんだけど、シャマラン映画を全部観てきたわけではないのでよくわからんかった…。

最後に、一人の俳優名に役名が何個もついてるの、初めてみたかも。エンドクレジットがおもしろいことになってるので、お見逃しなく。